MVNOの通話回線が安くなっているw

 かつて、MVNOのデータ通信専用回線と通話機能付きの回線との価格差は700円ほどの差が定番だったのが、mineoの「マイピタ」では230~380円、そして4月から始まるiijmioの「ギガプラン」は100円の差になってしまいました。
そして、楽天モバイルなら、通話回線を無料で維持出来るようになりましたしw

これまでの格安SIMは、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの価格差を同容量で比較した場合、約700円の差が相場でした。
つまり、キャリアから卸される音声通話回線維持費に利潤を乗せたら700円になるということで、あまり差が付かなかったということ。
しかし、今回IIJが発表した料金は、音声回線に当たる料金がなんと100円です!
MVNO各社は、音声回線の卸価格を下げるように総務省に訴えていましたが、IIJは卸価格が下がるのを見越して設定したのでしょうかねぇ。
mineoの新料金プランの音声回線部分は230円くらいなので、それと比べても破格の設定だと思います。

https://www.retire2k.net/

MNO各社がMVNO各社に卸す回線利用料が下がってきたと言われていますが、筆者自身は通話はIP電話やSNSの通話機能を使うことが多くてなってしまっています。他の人達も仕事の付き合いなど形だけで使っているようで、LINEの無料通話とか。それでも携帯番号は「バックアップ」として必要で、0120/0800や0570へかける際の欠かせない存在です。

あとは、今のところ600円の差になっているOCNモバイルONEがどう出るか。これからの動向が気になります。

ちなみに0570番号のうち、NTTコミュニケーションズのナビダイヤルは、同社がサービスを提供するIP電話「050plus」でもかけることが出来、通話料も3分8円で済みます。

MVNOは時間の節約にも貢献する

 6月の白物家電出荷量が増加したそうで、テレビの出荷台数増加と並んで、改めて引きこもり生活の普及が白物家電や住設備機器の需要拡大につながることが実証されました。

ところで、MVNOを未だに格安スマホだなんて言っている人はいませんか?
MVNOは支払い方法が原則クレカのみであったり、手続きの殆どをネットで行うようになっていることや端末の調達もSIMフリー機の通販だったり借りているMNOに適合した中古白ロム端末をヤフオクやメルカリを利用する方法が中心であることから、引きこもりに嬉しい時間や労力の大幅削減効果が期待出来ます。
つまり、MVNOは通信費だけでなく維持するための時間や労力の削減にも貢献すると言うこと。コールセンターの係員が応答するまでの待ち時間に、ましてやキャリアショップの行列に並ばされる苦痛と時間の浪費という人類が最も解決すべき事項をあっさり解決する正に引きこもりのために用意された存在なのです。

時は金なり、時間も通信費も節約

「時は金なり」 有名な諺ですが、時間は自分のためにあるという引きこもりなら「店に出向く」、「行列に並ぶ」という行為は禁忌であることは言うまでもありません。
何故なら、それらの行為は何も産み出さない、トヨタで言うところの「運搬のムダ」と同じ究極のムダ行為以外に他ならないからです。

今話題のウイルスCOVID-19パンデミック時代は徹底的に外出を抑制することが求められています。引きこもり達の携帯電話は導入から解約までムダな外出をせずに済ませられるMVNOで決まりです。