MVNOの通話回線が安くなっているw

 かつて、MVNOのデータ通信専用回線と通話機能付きの回線との価格差は700円ほどの差が定番だったのが、mineoの「マイピタ」では230~380円、そして4月から始まるiijmioの「ギガプラン」は100円の差になってしまいました。
そして、楽天モバイルなら、通話回線を無料で維持出来るようになりましたしw

これまでの格安SIMは、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの価格差を同容量で比較した場合、約700円の差が相場でした。
つまり、キャリアから卸される音声通話回線維持費に利潤を乗せたら700円になるということで、あまり差が付かなかったということ。
しかし、今回IIJが発表した料金は、音声回線に当たる料金がなんと100円です!
MVNO各社は、音声回線の卸価格を下げるように総務省に訴えていましたが、IIJは卸価格が下がるのを見越して設定したのでしょうかねぇ。
mineoの新料金プランの音声回線部分は230円くらいなので、それと比べても破格の設定だと思います。

https://www.retire2k.net/

MNO各社がMVNO各社に卸す回線利用料が下がってきたと言われていますが、筆者自身は通話はIP電話やSNSの通話機能を使うことが多くてなってしまっています。他の人達も仕事の付き合いなど形だけで使っているようで、LINEの無料通話とか。それでも携帯番号は「バックアップ」として必要で、0120/0800や0570へかける際の欠かせない存在です。

あとは、今のところ600円の差になっているOCNモバイルONEがどう出るか。これからの動向が気になります。

ちなみに0570番号のうち、NTTコミュニケーションズのナビダイヤルは、同社がサービスを提供するIP電話「050plus」でもかけることが出来、通話料も3分8円で済みます。

Visa LINE Pay クレジットカードを使ってみて

 皆さん、来年4月までは3%還元の Visa LINE Pay クレジットカードは使っていますか?
改めて、3%還元の威力に酔いしれてしまいそうですよね。LINE Payの方も今まで出来なかったポイント支払いが出来るようになってクーポンの消化やJCBプリペイドカードの支払いにも使えるので、ポイントの期限が切れそうになったら尼のギフトカードを買うことで消化出来るしで便利ですね。

ここでポイントの付き方ですが、クレカの請求単位では無くて利用毎の付与になることも申し込み時点ではわかりにくい説明でしたが、ポイントの履歴を見てみますと、案の定通常のクレカ利用店名の詳細が掲載されています。成る程、この利用情報がLINEに渡るから3%還元なんだな。こりゃ簡単にビッグデータ集めができるわ。 個人情報の管理とか気にする人はLINEとか禿電グループと聞いただけで敬遠するのもうなずけますw

ちなみにこのカード、券面の色が複数選べますが、緑黄白黒の「通常色」は当初6月募集開始と記載されていたと記憶していたのですが、現在は開始日未定になっていて、未だに「限定デザイン」である、中止の噂も立っているオリンピック記念仕様の赤青のみの募集です。
もしかして、楽天モバイルUN-LIMITと同じく、会員が集まっていないのでしょうか?発行元が三井住友カードなので、尼のゴールドカードを持っていたらまず発行されるだろうし、前述の自分の利用情報を禿電グループへ渡したく無い人以外は来年4月までの3%還元に釣られてもいいかなと思うのですが、あの終わったも同然のオリンピックロゴの載ったカードを作りすぎただけなのかw

僕も、本当は黄色のカードが欲しかったなぁ。