MVNOの通話回線が安くなっているw

 かつて、MVNOのデータ通信専用回線と通話機能付きの回線との価格差は700円ほどの差が定番だったのが、mineoの「マイピタ」では230~380円、そして4月から始まるiijmioの「ギガプラン」は100円の差になってしまいました。
そして、楽天モバイルなら、通話回線を無料で維持出来るようになりましたしw

これまでの格安SIMは、音声通話付きSIMとデータ通信専用SIMの価格差を同容量で比較した場合、約700円の差が相場でした。
つまり、キャリアから卸される音声通話回線維持費に利潤を乗せたら700円になるということで、あまり差が付かなかったということ。
しかし、今回IIJが発表した料金は、音声回線に当たる料金がなんと100円です!
MVNO各社は、音声回線の卸価格を下げるように総務省に訴えていましたが、IIJは卸価格が下がるのを見越して設定したのでしょうかねぇ。
mineoの新料金プランの音声回線部分は230円くらいなので、それと比べても破格の設定だと思います。

https://www.retire2k.net/

MNO各社がMVNO各社に卸す回線利用料が下がってきたと言われていますが、筆者自身は通話はIP電話やSNSの通話機能を使うことが多くてなってしまっています。他の人達も仕事の付き合いなど形だけで使っているようで、LINEの無料通話とか。それでも携帯番号は「バックアップ」として必要で、0120/0800や0570へかける際の欠かせない存在です。

あとは、今のところ600円の差になっているOCNモバイルONEがどう出るか。これからの動向が気になります。

ちなみに0570番号のうち、NTTコミュニケーションズのナビダイヤルは、同社がサービスを提供するIP電話「050plus」でもかけることが出来、通話料も3分8円で済みます。

引きこもり生活を楽しくするSNS、RoomClip。

 今、引きこもりシーンを熱くしているSNSはClubhouseではなくて、RoomClip
住まいと暮らしをテーマにしたという画像系SNS。引きこもりなら、サイトを見てもらえればその瞬間にサービスの魅力が理解出来ると思います。

筆者も早速アカウントを作成して、閲覧。「引きこもり生活」、「ひきこもり」、「ステイホーム」、「巣ごもり」……などなど、引きこもり生活に纏わる語句のタグが付いた投稿も多く、もう嵌まってしまいましたよ。皆さんの投稿から学ぶことも多くて、引きこもり生活の「年度計画」でも立てようかという気になりましたw

スマホアプリもあるので、このサービスを使いこなして引きこもり生活を極めていきましょう。

上質系スーパーでポイント乞食に遭遇

 わざわざ、いかりスーパーへ行かなくてもいいと大人気のヤマダストアー。「業務スーパーといかりスーパーはセットで利用し、メリハリを付けた買い物をする」ことは、引きこもりの快適な部屋づくりのために欠かせない選択肢として考えることが美学であるように、居住地の都合などで業務スーパーやいかりスーパーが利用出来なければそれらに準ずる店を利用することが引きこもり生活の必須条件。お金の消費効率を高めるための「常識」といってもいいでしょう。

そこのレジで前にいたおばさん客が店員に「ポイントの算出単位は、税別価格か税込み価格か?」と尋ねていました。その客曰く、「税別でカウントするのなら、税込価格を算出してポイント単位ギリギリの支払いにしたい」のだそうな。でも、その店員はなんと答えられず、暫く固まっていたw このページの説明ではさりげない表記で見落としそうになるけど、正解は税別価格。清算前までにスマホでも確認出来ることなのに、その直前になって慌てて店員に確認する客も頭悪そうだし、店員も勤務先のポイントサービスの決まり・仕組みを理解していないのは問題外。ポイントの加算単位は「税別価格で500円」ってことぐらいはメモ無しでも覚えて欲しい。自分の支出額決定権を店のポイントサービスに委ねるお金の使い方が下手すぎる客と、研修生の札が付いているとはいえ、客が税別か税込かを問うてるところに「五百円です」を連呼する店員(わからなければ先輩に相談する!)。どっちも残念な人達。

で、前出のおばさん客。「税別ならあと三百円ほど買わなきゃ」だってw
5円の還元よりも300円の節約の方が効率よくないですか? 旦那さんも自分の趣味の費用を削られているのでしょうか。金遣いの荒い配偶者様を抱えて大変ですねぇ。三百円分多めに買っても消化しきれるものなら5円還元を受けるのもありだけど。

でも、それよりも、重要なことは、「ムダなやりとりはやめてくれ。こっちは急いでいるんだ。」ということ。早く大好きな自宅へ戻って、購入した商品を徹底的に堪能したい。

おばさんよ、あんたもウイルスの感染機会は減らしたいだろ。 今は、特に外出には細心の注意を払うべきなんだからムダなやりとりを無くすためにもポイントサービスのルール・仕組みは頭の中に叩き込んでおいてくれ。そもそも高齢とはいえ、算数が苦手で店員に計算を迫るようではポイント乞食失格。あらかじめスマホの電卓アプリを起動しておいて、自分自身の判断で一番効率よくポイントをせしめることの出来る金額に達しているかを考えながら商品を選び、買い物かごへ放り込む。店員は「税別価格で算出しておりますので、あと三百円買われるとお得ですよ」と浪費地獄へ誘い込む。これなら、レジの流れも良くなってこっちも早く店を出ることが出来て一件落着。

あぁ、ほんと、お金を使う事って辛いですよね。