【白ロム・機種変更】携帯電話の「売りたい」「買いたい」はムスビーで!
[海外SIMフリー] 人気のスマートフォン最新機種販売中!
海外通販!日本未発売スマホ/タブレットをいち早くお届け!【Etoren.com】


2017年02月05日

世界的なビッグウェーブに溺れ続ける日本の外食産業の現状がまた露わに!

神戸新聞NEXT|経済|「たいこ弁当」の本陣、自己破産申請へ

 「たいこ弁当」でググってもらえるとわかりますが、一言で言うと、「大衆食堂」をチェーン店化したもの。
僕も電工のバイトをしていた時にたまたま近くの店に入ったことがありますが、無駄にカラフルなメニュー表やお世辞にも清潔とはいえない店内や厨房が昭和の感じを演出していて、ブルーカラーなおっちゃん達が喜びそうなたたずまいでした。
ただ、出される料理の材料や味付けは下手なファストフードよりも調味料でごまかしている感じがしなかったし、接客もしっかりしていましたね。

でも、コンビニなどの「ライバル達」が新商品開発や品質向上などの進化をしている中で、たいこ弁当は何の進化もなかった。
安定感の確立と進化をしない(相対的には退化していることになる)ことの違いを認識できず、自分の首を絞める行いに走ったのかも知れません。
今やブルーカラーな人達はコンビニに限らず、スーパーが昼間、店内で作っている弁当類を購入するようになっています。コーヒーだって百円で「淹れたて」が手に入りますし。
前出のバイトをやっていた頃も、一緒にやっていた職人さんもスーパー愛用派で、外食の利用は近隣に店がない場合などの「消極的な理由」での利用でした。

そして、おせちやスーパー向け弁当の事業撤退も謎。確かに儲けが出ていない(おせちは毎年好評だったようですが)、という話は聞きましたが、世界的な引きこもり化現象が発生している御時世に「内食」分野の否定を行ったような行いは本当に理解できない。おせちや弁当の生産拠点を縮小して固定費削減を図るつもりだったのでしょうが、外食のような衰退分野だけでは行き詰まりが約束されたようなものではないのでしょうか。

ここでも、「引きこもりを笑う者は、引きこもりに泣く」現象が発生しています。
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会情勢

2017年01月29日

嵐の前の静けさ、かな?

 東芝の解体騒動は収まるところを知らず賑わい続けていますが、案の定、村は腫れ物に触るような状況になっていますw
落ち着いてからでないと、真実は伝わらない、という真理はわかります。今は様子をうかがう方が賢明でしょう。
だから、今日の昼飯は豚と鶏肉の二本立てで。

求人チラシも薄くなりましたが、製造業の派遣下請けには東芝難民が殺到するのでしょうか。今一番の関心事です。
もう、製造業派遣や請負が通年人手不足の状況になっていると言うことはですね、無職ですら嫌がる酷い業界だと言うことですけどねw
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会情勢

2017年01月22日

東芝の解体騒動は田舎にも影響が

 先週からの極寒で風邪を引いてしまい、やっと治りだしたところです。

東芝の半導体部門解体騒動は、こちらにも関連する拠点やグループ企業に下請け派遣も数多く存在するので、関わる人達の動揺が隠せないようです。
詳細は今後の成り行きを見守るしかありませんが、ただ一つ判明していることは、もう製造業には関わらない方がいいと言うこと。
建設業やIT関連と並んで「多重下請構造」が跋扈していて、労働環境最悪だし、意思伝達や情報共有の面でも「位相ズレ」が頻発してろくな事が無い。英国や米国の動きからも想像される、世界的な引きこもり化現象で輸出も控えめに状況になるかも知れません。
リーマンショックの頃程のひどさでは無いとは思いますが、派遣下請けの世界で、状況の大幅な見直しが行われるかもしないでしょう。

さぁ、逃げましょう。
日本には、「逃げるが勝ち」という諺があります。

若い人は勿論のこと、おっさんおばちゃんもキャリアチェンジを図るのは今ですよ。
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会情勢

2017年01月15日

寒すぎる……/引きこもりに相応しい職種を発見w

 大寒波到来、うちの田舎でも昨日の夕方から降り始めて気温の下降と相まってしっかり積もっていましたよ。
で、今日も降り続けて、明日も寒さが続くようなのでこのチャンスを使って徹底引きこもりしたくなってきましたw

で、今時の引きこもりに相応しい職種を見つけてきました。

具体的な名称を聞いたら、多くの人が「嘘だろwww」って草を生やしてくるかも知れませんが、今の引きこもりなら「マイペースに作業を進めていくことが出来る」点で適合度が高いと思います。
勿論、親父が気に入らないからといってゴミ屋敷にしてしまうような従来型の引きこもりには、全くの不向きな職種ですが、少なくとも「底辺な」職種の経験がある方なら選択肢に入れる価値はあるでしょう。

ほんと、盲点でしたよ。ブラックな会社も少ないし、時間の配分が自分で決められるし。早いうちからやっておいても良かったんじゃ無いと思うぐらい。この点は、正に引きこもりのためにあるような勤務体系。僕も移りたいなぁw
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と衣食住

2017年01月09日

田舎の公共交通事情

 Twitterでも少し触れましたが、うちの田舎でも、とうとう春にコミュニティバスの大幅削減が行われることになりました。
具体的には、バスが南北縦貫路線のみになって、それ以外の路線が自宅から目的地までのデマンドバスに転換されます。
原則前日までの予約で乗車できますが、そうなれば当然、急な外出には対応できませんし、うっかり予約を忘れるドジをやると惨めですよね。

多くの人がそう考えているのでしょう。マイカーユーザは、バスのことなど完全スルーだし、元々利用者増が望めない路線では、利便性の向上も期待できないので、利用者は増えないままで縮小の一途に歯止めがかからない状況が進んで、遂に実質終了することになりました。
いずれは、デマンドバスも縮小されるかも知れませんね。

一方、駅近くなどの「市街地」では、車離れが進んでいます。
マイカー利用が避けられない地域であることには変わりないのですが、家族間での「シェア」が進んだり、マイカー通勤の減少が進んでいるようで、郊外では駐車場の利用者が減っているところも出始めています。逆に駅前の駐車場は人気。交通機関の利用が増えているからでしょうか(移動そのものの必要性が減っていることもあるからなのか、全体的な利用者数や売上額は減る一方ですが)。
スーパーや商業施設でのタクシー利用者が増えていて、高齢な方がよく乗り降りされている風景を目にします。マイカーの年間維持費よりもタクシー代の年間累計利用額の方が安く付くからなのか、運転がやりづらくなったのか。「田舎もんの車離れ」も徐々に浸透しつつあります。
自動車の完全自動運転が普及して、運輸業界の車両に標準装備されるようになっても、高齢の乗客には利用を支援する業務が必要なのでタクシー運転手の仕事はまだまだなくならないでしょう。自動運転ならそれに適した運行システムの再構築など新たな設備投資も必要ですしね。
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会情勢
月額972円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」
引きこもりに嬉しい生活雑貨等も揃っている、セシール。