【白ロム・機種変更】携帯電話の「売りたい」「買いたい」はムスビーで!
海外通販!日本未発売スマホ/タブレットをいち早くお届け!【Etoren.com】



株式会社アクティブプランニング社員が5ちゃんねるでなりすまし行為に耽るほど程の熱い注目を集めている、このブログ。

2018年11月18日

「苦労」を自慢してくる奴には気をつけろ

 「若い時の苦労は買ってでもせよ」という諺があります。
何でも、若い時に苦労をすれば役に立つことがあるのだそうですが、誰も「成功」することを保障しない突っ込みどころもあったりします。
そして、あの諺を連呼する者は、大抵が「苦労を売る側」。
つまり、自分が苦しんだから第三者が苦しむところを見ておきたい、という卑しい思考回路の持ち主であることは間違いありません。

  • 若い時の失敗は許されるから、苦労を…… 嫌なこった。失敗の積み重ねで成功の獲得を目指すことは「試行錯誤」であって、苦労なんかじゃないし。
  • 自分は「苦学生」だからデモ行進をしている学生を見ると殺意を覚える…… どうせ「ノンポリ(死語)」とか気取って現実逃避していただけでしょ。本当の敵を見極めることも出来ない奴が勉学を捗らせることが出来るのでしょうかね。で、借金返せていますか?w
  • 携帯乞食と、ポイント乞食が許せない。俺は正規の価格で購入しているのに不公平だ!!…… なんでMVNOへ代えないのですか?えっ、クレカが作れないのですか?”自助努力”(笑)していませんね。乞食活動一つとっても、特に携帯乞食に関しては、好条件な物件の発掘に実際に店舗へ通うなどそれなりの労力と時間を費やしています。貴方は一度でもそれをやりましたか?

……ほんと、苦労を自慢する奴に限って、何もやっていないんだよね。怠けているのは一体どっちですか。愚かな宗教やそれに準ずるカルト思想(地上波テレビのクソ番組を含む)の耳辺りの良い言葉に酔ってネット検索すらしない。うんざりします。

己の目的遂行の際に必要な事柄に苦痛を伴うものがあるのでしょうか?
ありませんよね。多少手間時間がかかる程度。

仕事なんかで納期が迫っていたら、納期を間に合わせるために一部行程を省略するか。省略しても大して時間が短縮できないのなら睡眠時間を少しw削って作業をこなすか。それとも、思い切って納期を再調整してもらう(多分無理だけどw)か。
そんな一連の手間を惜しまないこと。これらは、苦労でも何でも無く、純粋にやるべき事柄の一つでしかありません。

つまり、苦労というものは無駄な労力を美化するための言い訳台詞。「ムリ・ムダ・ムラ」の象徴そのものです。
某自動車メーカーの人達が「へそでお茶を沸かせるか試してみようかw」って、からかってくれるかも知れませんよ。

「苦労は百害あって一利なし」
気付いている人が増えています。苦労は有害な物であって義務として採り入れてはならないと言うことを。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と衣食住

2018年11月06日

引きこもりなら挽きたての香辛料を使うだろ

 昔、どこかのSNSで「ひきこもりは“ひき”だけあって挽肉が好みらしい」なんてネタを見たことがあるけど、最新の引きこもりなら更に前進して「挽きたての調味料」を使っていると思います。
岩塩に黒胡椒などといった、特に香辛料は挽きたてが香り高くていつもの飯がより美味しく感じられますよね。

かつては挽きたての岩塩や香辛料は、買えるところも限られていて田舎では手に入らない物であったそれらも、今や業務スーパー辺りでミル付きが手軽に入手できるようになりました。この状況になれば、むしろ引きこもりで無い人の方が挽きたて調味料を愛用している可能性が高いようです。
ついでにコーヒーも、炒り豆から挽きたてを淹れることが引きこもりのコーヒー生活には欠かせないことになりそうですが、ミルの準備や後片付けまでやることが労力が嵩みますし、炒り豆よりも挽いた粉の方が安価に入手できることから、「コーヒー豆を挽く」ことは余程のコーヒー好きやオタク・マニアの領域に達している方の楽しみ方といえるでしょう。

引きこもり生活者達の進化は、自炊のスタイルまでにも及んでいる。以上、現状の報告でした。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と衣食住

2018年08月27日

消費疲れは肥大化をやめない

 お金を使うことで無駄な移動が増える。
この間、親戚の人と某都市部へ行った時に痛感しました。

こっちが無駄のない移動を提案したら、あっち行きたいこっち行きたいと欲求不満を漏らす発言。
何がやりたいのか、何が欲しいのかはっきりしない言動にしびれを切らして速攻で別行動になりました。
こっちは狙った目的地へgoogle先生を頼りにターゲットは全制覇。
後は自宅へまっしぐらで帰って購入した商品を楽しみます。

親戚の人はどうしているのでしょうか、宿泊したのでしょうか。余分なお金、使っちゃいましたね。
購入した商品、楽しんでいますか?思い出、記憶に残っていますか?
何だか酔い潰れていたみたいですけどねw
いい加減認めたらどうですか?消費疲れの現実に。

……とこのクソ暑い時期に引きこもれない状況が続いて、やっと「遅れた盆休み」をもらうことが出来ました。
今では「引きこもる歓び」を、水出し緑茶を飲みながら堪能しています。

私生活でも消費効率の向上、が重要であることもね。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と衣食住

2018年07月16日

引きこもって安心

 急激な温度上昇にもうびっくり。
NHKのニュースでは「不要不急の外出は控えるように」と言っていました。

僕も麦茶の煮出しに勤しんでいました。
皆様も引きこもり生活で命を守って下さい。但しエコノミークラス症候群にもご注意を。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と衣食住

2018年07月10日

引きこもりの見切り品生活

 見切り品の購入って、よくテレビや雑誌なんかで貧乏節約生活の象徴みたいに取り上げられているらしいけど、最新の引きこもり達は単なる節約の手段としての見切り品購入には見切りを付けています。

まずは、引きこもりで無い人も注目している(主に食料の)過剰廃棄抑制策としての見切り品購入。
こちらは、先にも書いたようにメディアでも話題にしているので意識している人が増えていますよね。
次に、節約の一種だろという向きもあるでしょうが、普段は買えない商品を入手するための手段としての見切り品チェック。
節分の時期には、ローストビーフやズワイガニをネタにした巻き寿司を置いている店がありましたが、通常価格は勿論半額以下になっても全く売れないので更なる値引きが行われてから初めて売れ始めるという現象が起こったのも記憶に新しいところです。

でも、最新の引きこもり達はその遙か先を行っています。
それは、食べ頃を手に入れるために見切り品を選択するという価値観。
では、このツイートをご覧下さい。
このブリーチーズは、賞味期限が一週間後のものですが、ご存じのように白カビ青カビタイプやウォッシュタイプは出荷してからも熟成が進んでいるため購入時期によって味わいが変わります。「完熟」が好みの人にとって見切り品チーズはまさに「お宝」が安く買える絶好のチャンス。見つけたら即決で購入して今すぐにでも楽しみたい存在なのです。ジャストインタイム。
但し、熟成の次の段階は腐敗なので、旬はごく短期。購入は食べきれる分だけにしておかないと泣きを見ることになります。
お酒だと熟成が進んだ物はむしろ価格が高騰しますが、チーズのような主に生ものだと純粋に賞味期限が設定されているので完熟品が安く買えることになるのです。

尚、国内メーカーの大半、海外輸入品でも一部の銘柄は作り手の推奨する熟成度合いになってから「殺菌」をする「ロングライフタイプ」なので熟成が強制終了した状態で出荷されています。こちらの見切り品は、いつでも同じ出来映えなので節約目的で購入してできるだけ早く消化して下さいね。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 17:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記と衣食住
株式会社アクティブプランニング社員が5ちゃんねるでなりすまし行為に耽るほど程の熱い注目を集めている、このブログ。