【白ロム・機種変更】携帯電話の「売りたい」「買いたい」はムスビーで!
[海外SIMフリー] 人気のスマートフォン最新機種販売中!
海外通販!日本未発売スマホ/タブレットをいち早くお届け!【Etoren.com】


2016年06月19日

伝説の漫画作品、「明日は日曜日そしてまた明後日も……」


 藤子不二雄Aがあの「COM」誌に発表した、ニートやひきこもり(従来型)の言葉すらなかった頃(1971年)に発表されたこの作品。
「ひきこもり」時代の到来を日本が元気だった頃から予言した作品として脚光を浴びています。

過保護過干渉な親によって、自立性が育まれないまま年齢が到来してしてしまった田宮坊一郎君。
このブログでの紹介なら、当然彼を「新世代引きこもり」に進化させることが出来ないか、という妄想企画が成立しますw

早速、妄想してみましょう。

まずは、成功するという仮定。
1970年代の当時は、ITはせいぜい「計算機」程度で通信系はせいぜい電電公社(死語)の電話程度。
でも、当時日本の製造業が活発で「内職」という在宅勤務の先祖のような働き方も盛んだったので、母親と一緒に内職すれば、自宅で自立した暮らしをすることが出来るようになることが期待できる。
作業自体も普通の自宅でできる、今ほど高度じゃないものだから、そんなに難しい内容じゃないしね。その分数をこなさないといけないでしょ、と言う意見には、むしろ特定の一定した作業を集中して行わせることに彼は向いていると思うよ、と返しましょう。
勿論、ITの発達した現代なら、別の分野でも彼を活躍させる舞台は用意しやすいはずです。

次は、不可能。やっぱ無理、という仮定。
内職・在宅勤務といっても、過保護な親じゃ、仕事の教え方が下手すぎて彼の自立を阻害しそうな気がするw 内職を担当する会社の人間に任せても、当時の精神論至上主義的な思想に染まった連中じゃ、殆どパワハラ的な教え方で彼を発狂させてしまうかも知れないし。
それから、教える段階で失敗したら、恐らく再起不能でしょ。
ITが発達した現代でも、むしろマメにメールやメッセージングでのやりとりが必要だから、自立心のない彼にそれが出来るのだろうか。
何かの弾みで、SNSや某巨大掲示板でおなじみの「心ない発言」を目にしたら、それこそ「ネオむぎ茶」化しないか。

一番いいのは、ドラえもんのタイムマシンを使って彼を現世へ連れてくることなのでしょうが、それだと結局は「不可能」ということになるわけですよねorz

 

posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽映画絵画芸術

2016年04月03日

スカパー!の次は、MUSIC BIRD かな?

 スカパー!に加入して約一週間、ニュース番組はBBCとCNNが中心になってしまいました。
前回でも書いているように、引きこもり拠点を獲得したらスカパー!はスペースシャワーのHD版(110度CSはスペシャだけでなく、BBCやCNNなどニュースチャンネルもSD標準解像度なんですよ)や日経CNBCなども見たいこともあって、専用設備の必要な「プレミアムサービス」へ移行しますが、ここでCSのラジオ放送もあると言うことを知って、調べてみるとスカパー!PSの設備で聞ける「スターデジオ」だけでなく、単独で専用の設備が必要な「MUSIC BIRD」と言うものも発見。CDより少しだけ格上な48kHz16bitのスペックや、選曲に番組構成のこだわり振りなど、引きこもり生活を彩りそうな仕様に思わずヨダレが。

でも、専用の設備を揃えるのは、拠点が出来てからの話。費用が嵩むことは勿論、転居することになった時、外した設備一式を実家から拠点まで担いでいくのも面倒だからね。
スカパー!を110度CSで加入したのも同様の理由。

そして、勿論優先順位的には、ホームベーカリーやフードプロセッサに洗濯機冷蔵庫と衣食住の土台を支える白物家電の準備で、引きこもり生活の必須項目となる衣食住の整備を完成させることが出来てから、娯楽系設備の準備を行うという、生活の基本中の基本は最上級の引きこもり生活を行う上で絶対に見誤ってはいけない。
多くの庶民はこの基本を無視して娯楽にコストをかけてしまっているから自爆してしまうんだよね。ブラック外食で浪費したり、サラ金に嵌まったりとか。

広告:こういうのを出されると益々気になってしまうでしょw もうこれとMUSIC BIRDの加入だけで音楽環境が整うような物なのだから。
 
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽映画絵画芸術

2016年03月27日

とうとう加入してしまったよ、スカパー!

 動画のネット配信が普及しつつあるこの御時世に、スカパー!にも加入しちゃいましたよ。
見たい番組が好きな時に見られる、ってことで昨年の秋にhuluとAmazonプライムへ加入したのに続いて、とうとうCSの視聴契約をやっちゃいました。
CS放送で一番の魅力はニュースと音楽。動画配信サービスは何故か音楽の品揃えが弱くて、ライブ映像が見られない不満があったし、オンデマンド中心であるサービスの性格上、報道系も難しいみたいでやっと本当に見たい番組が入手できる体制が整いました。

気になるのは、やっぱり維持費。まずは色々迷いそうなので、パック料金で加入しておいて、暫くしてからよく見るチャンネルを見極めていこうかなと思うけど、結局このままに落ち着きそうw
今月中に加入すれば加入料無料のキャンペーンで背中を押されました。

動画配信サービスの契約後に、宅配レンタルのアカウントを解約したし、これで、レコーダーの整理は諦めることになるかな?w

引きこもり拠点が手に入って、暫くしたらプレミアムサービスへ移行するかも。
もう後には戻れない、進化する道が最善なのは、引きこもりの宿命だからね。
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 20:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽映画絵画芸術

2015年11月08日

Fire TV が来た

 到着しました。尼のFire TV。
KIMG0115s.jpg
理由は、動画配信をPDPでも見たくなったこと。
そして、動画配信でしか見られないタイトルが増えていること。
だから、併せて尼プライムだけでなくHuluにも加入しました。

 一般消費者が入手できる最高画質の媒体はBlu-rayビデオだけど、ネット配信の画質はそれどころか、地上波のデジタル放送より遙かに低い「ハーフHD」の解像度でありながらも、解像度の低さを感じさせない映りなのが印象的。
きっと、エンコードの仕方などが違うのでしょうか。内容も地上波より「格上」ですしねw

マイペースに見られる(一部のタイトルは、配信期間が限定されているものもあるが)、スペックの割りに映りが良いなどまさに引きこもりに嬉しい動画配信サービスは、これからの台風の目になり、既存のレンタル店を葬り去っていくことでしょう。
強いて挙げれば、宅配レンタルならBDソフトや配信期間の制限とは無縁でいられるメリットはあるとも思いますが、レンタル店は絶滅の一途へ向かうことは避けられません。

広告:4K出力にも対応した、引きこもり生活を支える小さな黒い箱w
 
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽映画絵画芸術

2015年06月21日

アップルミュージックが待ち遠しいw

 遂にカリフォルニアの林檎がやってくれました!
単なる音楽配信定額サービスではないというところにも、萌え。HDDレコーダーで見たい番組の検索が出来たり、お勧めを教えてくれる歓びが音楽でも愉しめるなんて、まさに引きこもりのためのアイテムじゃないですか!
フルコーラスでの「試聴」や普段は聴かないジャンルなどを試すことも出来て、一生引きこもりたくなることは間違いありませんw
そして、あとは本当に欲しい楽曲だけをハイレゾデータで購入するだけですので、無駄がありません。財布にも優しそうです。
しかもAndroid版アプリも秋に登場予定とは、林檎はこのサービスを本気で育てるつもりでいるのでしょう。
このサービスは発表通り6月30日登場予定、日本でも同じ日だそうです。

もう車や外出先ではスマホだけで十分ですねw
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽映画絵画芸術

2015年06月07日

またもや引きこもり好みの楽曲が

昔、引きこもり生活への共感を誘う楽曲のエントリを書いたことがありますが、またもや見つけちゃいましたよ。
しかも、彼は現役時代に「世界一忙しい男」などと呼ばれたこともあったりと、どう考えても引きこもりとは無縁に思える印象なので正直びっくりw
では、その楽曲を。

Phil Collins - Take Me Home (Official Music Video)

もうタイトルからして「自宅へ連れてって」ですよ。歌詞もおうちへ帰りたがっている様子がひしひしと伝わる内容。
これぞ、引きこもりのテーマソングです。

広告:通常のCDは千円以下で買えるけど、金メッキ仕様も出てるのね。今となってはリマスターしてハイレゾデータにしてくれた方が嬉しいけどw
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽映画絵画芸術

2014年09月28日

船を出すのなら九月

 なんて題名の曲がありました。
中島みゆきですね。『生きていてもいいですか』という七作目のアルバム(5曲目)に収録されています。バブル経済へ向かってまっしぐら、という状況へ向かっている最中に発表された“真っ暗けの極致”という作品。そんなところがある意味プロテストソング的で気に入りました。
個人的には三曲目の「キツネ狩りの歌」がお気に入り。三角関係の事を歌った歌と言われていますが、それに留まらず敵味方の区別がつけづらい現代社会全般に当てはめても違和感が無いだろ、と僕自身は思っていて一番のお気に入りです。

中島美雪 - キツネ狩りの歌
posted by ヒョウタンツギ愛好家 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽映画絵画芸術
月額972円(税込)からのLTE「OCN モバイル ONE」
引きこもりに嬉しい生活雑貨等も揃っている、セシール。