2018年11月18日

「苦労」を自慢してくる奴には気をつけろ

 「若い時の苦労は買ってでもせよ」という諺があります。
何でも、若い時に苦労をすれば役に立つことがあるのだそうですが、誰も「成功」することを保障しない突っ込みどころもあったりします。
そして、あの諺を連呼する者は、大抵が「苦労を売る側」。
つまり、自分が苦しんだから第三者が苦しむところを見ておきたい、という卑しい思考回路の持ち主であることは間違いありません。

  • 若い時の失敗は許されるから、苦労を…… 嫌なこった。失敗の積み重ねで成功の獲得を目指すことは「試行錯誤」であって、苦労なんかじゃないし。
  • 自分は「苦学生」だからデモ行進をしている学生を見ると殺意を覚える…… どうせ「ノンポリ(死語)」とか気取って現実逃避していただけでしょ。本当の敵を見極めることも出来ない奴が勉学を捗らせることが出来るのでしょうかね。で、借金返せていますか?w
  • 携帯乞食と、ポイント乞食が許せない。俺は正規の価格で購入しているのに不公平だ!!…… なんでMVNOへ代えないのですか?えっ、クレカが作れないのですか?”自助努力”(笑)していませんね。乞食活動一つとっても、特に携帯乞食に関しては、好条件な物件の発掘に実際に店舗へ通うなどそれなりの労力と時間を費やしています。貴方は一度でもそれをやりましたか?

……ほんと、苦労を自慢する奴に限って、何もやっていないんだよね。怠けているのは一体どっちですか。愚かな宗教やそれに準ずるカルト思想(地上波テレビのクソ番組を含む)の耳辺りの良い言葉に酔ってネット検索すらしない。うんざりします。

己の目的遂行の際に必要な事柄に苦痛を伴うものがあるのでしょうか?
ありませんよね。多少手間時間がかかる程度。

仕事なんかで納期が迫っていたら、納期を間に合わせるために一部行程を省略するか。省略しても大して時間が短縮できないのなら睡眠時間を少しw削って作業をこなすか。それとも、思い切って納期を再調整してもらう(多分無理だけどw)か。
そんな一連の手間を惜しまないこと。これらは、苦労でも何でも無く、純粋にやるべき事柄の一つでしかありません。

つまり、苦労というものは無駄な労力を美化するための言い訳台詞。「ムリ・ムダ・ムラ」の象徴そのものです。
某自動車メーカーの人達が「へそでお茶を沸かせるか試してみようかw」って、からかってくれるかも知れませんよ。

「苦労は百害あって一利なし」
気付いている人が増えています。苦労は有害な物であって義務として採り入れてはならないと言うことを。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と衣食住

2018年11月06日

引きこもりなら挽きたての香辛料を使うだろ

 昔、どこかのSNSで「ひきこもりは“ひき”だけあって挽肉が好みらしい」なんてネタを見たことがあるけど、最新の引きこもりなら更に前進して「挽きたての調味料」を使っていると思います。
岩塩に黒胡椒などといった、特に香辛料は挽きたてが香り高くていつもの飯がより美味しく感じられますよね。

かつては挽きたての岩塩や香辛料は、買えるところも限られていて田舎では手に入らない物であったそれらも、今や業務スーパー辺りでミル付きが手軽に入手できるようになりました。この状況になれば、むしろ引きこもりで無い人の方が挽きたて調味料を愛用している可能性が高いようです。
ついでにコーヒーも、炒り豆から挽きたてを淹れることが引きこもりのコーヒー生活には欠かせないことになりそうですが、ミルの準備や後片付けまでやることが労力が嵩みますし、炒り豆よりも挽いた粉の方が安価に入手できることから、「コーヒー豆を挽く」ことは余程のコーヒー好きやオタク・マニアの領域に達している方の楽しみ方といえるでしょう。

引きこもり生活者達の進化は、自炊のスタイルまでにも及んでいる。以上、現状の報告でした。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記と衣食住

2018年10月02日

「子育てサークル」勧誘員の湧いてくる時期が来たようです

 暑さも和らいで、朝夕は涼しさも感じられるようになりました。
それに合わせたかのように台風もどんどん「来日公演」をやってくれますが、つかの間の晴れ間を縫って「子育てサークル」の勧誘連中も台風に負けじとやってきています。
インターホンの訪問履歴には最初に来た時と同じ顔ぶれが二度、三度と残っています。

「子供はいません!」って最初の時に言ったのに、ホントしつこいなぁ。
俺のベイビーはヒョウタンツギこひつじのティミーだと言っただろ。
それは、すなわち、人間の子供はいないということなのだよ。
この日本語がわからない、そんなところが日本会議グループの悪徳カルトクオリティなんだよね。

あのカルト組織に夢中な、うちの親にあいつらの迷惑振りを伝えたら、「お前とは絶交する」なんて言われました。
結局他の新宗教と同じで、不幸で哀れな情報弱者を鴨にして(宗教のお布施に値する)「倍加」と称する搾取を行う。
結局、本質は何も変わらないということです。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会情勢

2018年09月17日

自立から自律へ……引きこもり生活は、勤め人の危機管理策でもある

 勤務先でコンプライアンスの研修がありました。
中でも印象的なのが社会的な存在としてのコンプライアンス。
環境問題や社会貢献に人権の尊重……勿論、適正な労働環境の確立や公私の区別もありました。

私生活でも飲み屋で泥酔して暴れちゃったり、踊りに行くところで日本が産んだ世界のヒロポン等いけない薬に手を出したり……と
個人の問題が勤務先企業の不祥事にすり替わってしまう御時世だから、むしろ私生活での「自律」をしっかりやって欲しい。
そう、講師は力を入れて説明されていました。

では、すぐにでも出来ることはあるのでしょうか。

そう、いつもの展開ですw
無理なく「自律した暮らし」が遂行できる引きこもり生活があるじゃないですか!
周りは「息が詰まりそうだぜwww」なんて言ってたけど、なんで気付かないかなぁ、呆れさせてもらいましたよw

手のひらに乗る「アイツ」で手軽に呑みたい酒が取り寄せできる様になったのだから、宅飲みしろよ。
自分のペースで呑む方が、同じ物でも断然美味しく感じられて気持ちよく呑めるし、歯止めが利かなくなったら潔く病院へ行こう。
もう肝臓と脳は大変なことになっているだろうけど。

自宅の有機ELモニターでライブハウスもアリーナも見放題行き放題じゃない。
特等席を独り占めできて「薬絡みのトラブル」とも無縁で居られる。

日常生活の「ムリムダムラ」を見つめ直せば、「自律した生活」の方法論が自ずと見えてきます。
無駄な移動を減らして環境問題の解決案や交通事故などの減少といった社会貢献も実現できる、"The Super Sustainable Lifestyle"。
遂に引きこもり生活は、企業の危機管理を担う役割までをも手に入れたのです。
posted by 引きこもり生活愛好家 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会情勢

2018年09月04日

サイト(ブログ)名変えました

 昼間から台風直撃の情報が入っていたので、勤務先は臨時開店休業。いわば「引きこもり指示」状態です。

そこで、以前から考えていたサイトブログ名変更をやっておきました。
勿論、中身はそのまま。いつも通り、ゆっくりとした進化を進めていきます。

それでは、昼飯を食ったら明日以降の出勤に備えましょう。
そして、酒は呑めるので、買い&もらい過ぎていたクラフトビールを消化します。
今日中に酔いが覚める程度にw
posted by 引きこもり生活愛好家 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ